住宅の環境を整備する上で知っておきたいこと

手すりをつける

お風呂

当たり前の事ですが、二足歩行で移動すると言うことはとても不安定な、絶妙なバランスを必要とするものです。 これは、怪我や病気で健康を損なった事がある人なら心当りがあるかも知れません。普段の何気ない動作ですら、体が弱った時には困難になることがあります。 従来、住宅設備は健康な人を対象にデザインされた物が主でした。 しかし昨今は、バリアフリーの概念や、高齢化社会へ向けてのニーズに対応して、より安全で機能的な住まいづくりが求められています。 手すりなどはその基本的なものです。使ってみると解ることですが、要所に手すりがあるかないかでは機能性が段違いに変わります。将来的にはこのようなバリアフリー化は当然の事となっていくでしょう。

住居を完全にバリアフリー化するのは、費用的に大変な事かも知れません。 しかし、手すりの取り付けなどは費用対効果がとても高く、お勧めしたい有効なバリアフリー化です。 技術を持っている方なら、ご自身で日曜大工の要領で手すりの取り付けを行う事が出来ます。ニーズの高まりにつれて、手すりを取り付ける為に必要な物を取り扱うお店も増えているので、通販で簡単に取り寄せる事も出来ます。 また、インターネットで探せば価格を比較したり、基本的なな取り付け方も調べる事が出来るのでお勧めです。 ご自身で取り付けるのに不安がある方なら、業者に依頼して取り付けて貰うのが良いでしょう。インターネットで簡単に複数の業者が見つかりますし、見積もり比較などのサイトも利用出来ます。